観光庁

産業観光

産業観光

食品  酒・飲料  

富山県 富山の名産・食文化 かまぼこ&ますのすしコース 地酒と肴、アノ名産品の作り方もおしえます!

富山名産の「かまぼこ」や「ますの寿し」を中心とした食三昧のコースです。「原料」「北アルプスの名水」「製法」にこだわった「石川製麺」、100年以上の歴史「ますの寿し」、富山を代表する酒蔵「若鶴酒造」、「かまぼこ」は3店舗それぞれのこだわりを体感、氷見の魚を加工販売「柿太水産」。

【日程】

見学箇所①~⑦から選択ください。それ以外の施設、長期間の研修、視察も対応可能です。ご相談ください。

【行程】

①石川製麺(魚津市)

創業74年、石川製麺は「原料」「北アルプスの名水」「製法」にこだわった「おいしい麺」を提案して参りました。2018年からは「麺は楽しい」をテーマとして付け加え、黒門吾兵衛一党をPR隊として「楽しさの提案」を進めています。富山ならではのおいしく楽しい「ブラックラーメン」「白えびラーメン」「米粉ラーメン」「昆布うどん」をはじめとした品々に触れてみてください。

②四方蒲鉾(富山市)

「手作り」「高品質」「唯一無二」がわたしたちの誇り。わたしたち『四方蒲鉾』は、富山市内の蒲鉾屋で唯一、漁港のある漁師町に位置しています。大切な時間を彩る一品を、潮の香りを添えてお贈りします。

③梅かまミュージアム U-mei館(富山市)

「梅かまミュージアム U-mei館」では、かまぼこの歴史や機能性について大型画面で紹介。外国人の方にも楽しんでいただけるよう4カ国語の翻訳付きです。ガラス越しに細工職人の伝統の技を見学したり、かまぼこが真空包装される様子もご覧いただけます。ご予約があれば”オリジナル鯛かまぼこ”を作ることも。ご試食の昆布巻、赤巻、おつまみ蒲鉾などもたくさんご用意してお待ちしています。

④源 ますのすしミュージアム

明治時代の料亭から始まり、100年以上の歴史をもつ源の本店。ますのすしの歴史や製法を紹介するばかりでなく、館内にはお食事処やショップ、食の文化史にまつわるコレクションがギャラリーまで。職人がサクラマスの身をおろす様子をガラス越しに見学したり、ますのすし作りを体験することもできます。なお、案内係による見学と手作り体験は1週間前までにご連絡ください。

⑤若鶴酒造 若鶴大正蔵(砺波市)

「若鶴」という酒が生まれたのは、徳川時代も末期の文久2年(1862年)のこと。創業150年を記念し改修された「大正蔵」は、土蔵造りの外観と大屋根の下に連続する登り梁が、力強さと長い歴史を感じさせます。
富山県の近代歴史遺産100選の選定や砺波市のふるさと文化財にも登録された大正蔵では、「苗加屋」や「玄」といった人気銘柄の試飲も準備されています。見学のお申し込みは予約受付センターまで。

⑥柿太水産(氷見市)

氷見浜の魚にこだわり続けて100年余り。初代・柿谷太助(かきたにたすけ)が「柿太(かきた)」と呼ばれていたことから屋号が生まれました。氷見漁港からほど近い加工場で、目利きした魚を加工し販売しています。いっぷくついでに、旬の材料でみりん干しの「手開き体験」をしませんか?おみやげ、試食、おいしい食べ方のレクチャー付きです。

⑦新湊かまぼこ 夢テラス海王(射水市)

帆船「海王丸」のすぐそばに佇む「新湊かまぼこ 夢テラス海王」は食と健康がテーマのミュージアム。かまぼこのルーツから製造工程、さらには和漢薬についても紹介。富山らしい「白えび蒲鉾」などのおみやげ販売、見て食べて体験できる施設です。

 

【地域のおすすめ】

【コンベンション施設】

都市型コンベンション施設「富山国際会議場」「富山市芸術文化ホール」「高岡市生涯学習センター」

県庁所在地である富山市は、国際会議にふさわしいグレードと最新システムを備えた富山国際会議場(画像参照)をはじめ、富山県民会館、富山市芸術文化ホールなど、会議施設が充実しており、食事処、宿泊施設などが一体となって機能する、総合的なコンベンションゾーンとなっています。
また、加賀2代藩主、前田利長公によって開町された歴史の面影を今もなお色濃く残す高岡市には、JR高岡駅のすぐ近くに平成16年にオープンした会議施設、高岡市生涯学習センター(ウイング・ウイング高岡内)があるほか、音楽発表会から会議まで行える総合文化施設、富山県高岡文化ホールなどがあります。
都市型コンベンションでは、アクセスや会議、食事、宿泊等の総合的な利便性が高く、主催者の皆さまにとって、コンベンションを安心して開催することができ、また、セントラムやポートラムなどの路面電車を活用した、都市型ならではのエクスカーションを楽しむこともできます。

リゾート型コンベンション施設「黒部市宇奈月国際会館『セレネ』」「高岡市生涯学習センター」

黒部市には、宇奈月温泉に立地し、6カ国語同時通訳システムを備えた大ホール等を有する黒部市宇奈月国際会館「セレネ」(画像参照)などがあり、また、「寒ブリ」など新鮮な海の幸が楽しめる氷見市には、スポーツと文化の総合施設、氷見市ふれあいスポーツセンターなどがあります。
リゾート型コンベンションでは、豊かな自然環境に包まれ、ゆとりとやすらぎの中で、じっくりと会議や研修などに取り組むことができ、アフターコンベンションは、富山の豊かな山と海が育んだ、美味しい食事や雄大な自然の中での観光を楽しむことができます。

【その他】

おすすめ施設① 「富山湾鮨」

標高3,000m級の北アルプス立山連峰と、海の幸豊富な富山湾。
雄大な自然にかこまれ、悠久の時を刻んできた富山県は、観光やグルメも盛りだくさんに楽しめます。

おすすめ施設② 「立山・室堂のシンボル みくりが池」

「立山黒部アルペンルート」「世界遺産 五箇山合掌造り集落」など国際的な観光地をはじめ、歴史ある名刹やまち並み、近代的な美術館や博物館、グルメやショッピングなど見どころはつきません。

ツアーの詳細はこちら

関連の記事

コンシェルジュからのおすすめ