観光庁

産業観光

産業観光

富山県 モノづくり富山の軌跡を巡るコース 「富山と言えば」のモノづくりを追いかけて東から西へ

富山らしさが一通り体験できるスポット。「YKKセンターパーク」「三協立山」の世界的企業から、総合化学メーカー「日本カーバイド工業」、富山を代表する胃腸薬『反魂丹』の製造販売元「池田屋安兵衛商店」、400年の歴史を持つ鋳物メーカー「能作」、富山の代表紙・北日本新聞の製作拠点「創造の森 越中座」

【日程】

見学箇所①~⑥から選択ください。それ以外の施設、視察も対応可能です。ご相談ください。

【行程】

①YKKセンターパーク(黒部市)

世界約70の国と地域で事業を展開しているYKKグループは、黒部事業所の一部をYKKセンターパークとして一般に開放している。丸屋根展示館ではファスナーや窓の仕組みと歴史、創業者・𠮷田忠雄の経営理念や人生について分かりやすく紹介している。
また、カフェ&ラウンジでは、オリジナルグッズやYKKブラジル農園直輸入のコーヒーを挽きたて淹れたてで販売している。「ファスナー手作り体験」(要予約・有料)も人気。

②日本カーバイド工業(滑川市)

国内4カ所に分散していた研究部門および工場の生産技術部門・管理部門を集約し、滑川市にある早月工場内に「研究開発センター」が完成しました。
展示スペースでは、長年製造してきた再帰反射シートの技術を応用した「空中ディスプレイ」のデモンストレーションなど、日本カーバイド工業の製品・技術をご覧いただけます。
また、この建物は、「北陸建築文化賞」を受賞しています。

③池田屋安兵衛商店(富山市)

富山市の中心市街地にあって、なまこ壁づくりの店構えが目を引く「池田屋安兵衛商店」。江戸時代に誕生した、富山を代表する胃腸薬『反魂丹(はんごんたん)』が看板商品です。
店内では20数種の自家製和漢薬や200種類以上の薬草から、薬剤師がカウンセリングによって症状に合う薬を調合しています。また、かつての丸薬づくり体験も。国内では現役丸薬師はたったの二人という熟練の技に、あなたも挑戦してみませんか?

④北日本新聞 創造の森 越中座(富山市)

「創造の森 越中座」は富山の代表紙・北日本新聞の製作拠点。製版・印刷から折り作業、販売店への発送準備までを行っています。超高速オフセット輪転機は秒速50部という速さで新聞を印刷します。
新聞博物館「メディアプラザ」では、新聞づくりの今と昔を学んだり、新聞が伝えた富山の歴史を振り返ったり、思い出新聞検索や、大正期のレトロな広告チラシ=引き札の製作体験なども楽しめます。

⑤三協立山 アルミ工場(射水市)

「三協立山」のアルミ工場は県西部に12ヶ所あり、2014年4月から射水市の一部の工場で一般の方の見学が可能になりました。
普段立ち入ることができない工場内で、アルミ製品の製造技術を間近に見ることができます。ビルや住宅の窓がどのように作られているのか興味のある方は、ぜひお問い合わせください。「新湊大橋」や「海王丸パーク」といった観光スポットも近いので、あわせてどうぞ。

⑥能作(高岡市)

高岡で400年にわたって培われてきた鋳造作業の行程をガイドの解説を聞きながら見学できます。伝統の技法で錫(スズ)の鋳物制作体験が出来る体験工房や、実際に能作の食器を使って飲食が出来るカフェを併設しています。また、ショップでは他では手に入らない店舗限定品を購入する事も出来ます。

【地域のおすすめ】

【コンベンション施設】

都市型コンベンション施設「富山国際会議場」「富山市芸術文化ホール」「高岡市生涯学習センター」

県庁所在地である富山市は、国際会議にふさわしいグレードと最新システムを備えた富山国際会議場(画像参照)をはじめ、富山県民会館、富山市芸術文化ホールなど、会議施設が充実しており、食事処、宿泊施設などが一体となって機能する、総合的なコンベンションゾーンとなっています。
また、加賀2代藩主、前田利長公によって開町された歴史の面影を今もなお色濃く残す高岡市には、JR高岡駅のすぐ近くに平成16年にオープンした会議施設、高岡市生涯学習センター(ウイング・ウイング高岡内)があるほか、音楽発表会から会議まで行える総合文化施設、富山県高岡文化ホールなどがあります。
都市型コンベンションでは、アクセスや会議、食事、宿泊等の総合的な利便性が高く、主催者の皆さまにとって、コンベンションを安心して開催することができ、また、セントラムやポートラムなどの路面電車を活用した、都市型ならではのエクスカーションを楽しむこともできます。

リゾート型コンベンション施設「黒部市宇奈月国際会館『セレネ』」「高岡市生涯学習センター」

黒部市には、宇奈月温泉に立地し、6カ国語同時通訳システムを備えた大ホール等を有する黒部市宇奈月国際会館「セレネ」(画像参照)などがあり、また、「寒ブリ」など新鮮な海の幸が楽しめる氷見市には、スポーツと文化の総合施設、氷見市ふれあいスポーツセンターなどがあります。
リゾート型コンベンションでは、豊かな自然環境に包まれ、ゆとりとやすらぎの中で、じっくりと会議や研修などに取り組むことができ、アフターコンベンションは、富山の豊かな山と海が育んだ、美味しい食事や雄大な自然の中での観光を楽しむことができます。

【その他】

おすすめ施設① 「富山湾鮨」

標高3,000m級の北アルプス立山連峰と、海の幸豊富な富山湾。
雄大な自然にかこまれ、悠久の時を刻んできた富山県は、観光やグルメも盛りだくさんに楽しめます。

おすすめ施設② 「立山・室堂のシンボル みくりが池」

「立山黒部アルペンルート」「世界遺産 五箇山合掌造り集落」など国際的な観光地をはじめ、歴史ある名刹やまち並み、近代的な美術館や博物館、グルメやショッピングなど見どころはつきません。

 

ツアーの詳細はこちら

関連の記事

コンシェルジュからのおすすめ

お客様のご要望に沿ったおすすめの観光情報・宿(ホテル 旅館)・レストラン・居酒屋・カフェ・ショップ等をコンシェルジュスタッフが厳選してご紹介しております。

富士吉田市「ハタオリ産地オープンファクトリー」。毎月第3土曜日は地域の織物工場17社が一斉に見学・訪問を受け入れ
柏市 柏の葉スマートシティツアー