観光庁

産業観光

産業観光

農林漁業  

知多半島【農業】 米・野菜・知多牛・鶏・豚と多様な栽培・育成・加工・販売を半島一円で展開  日本一品種が豊富な野菜は、和洋の地元飲食店とのコラボも盛ん

1年を通し温暖な気候の知多半島では、米作はもとより、牛・豚・鶏の畜産、タマネギ・キャベツ・ふきなどの野菜、いちご・みかん・ぶどうなどの果樹、ラン・カーネーション、ひまわりなどの花卉栽培も盛んです。
大府市の「株式会社げんきの郷」をはじめとして、生産、加工販売、飲食店舗の運営に取り組む次世代の農業者の姿も多くあります。

【日程】

①JAあぐりタウンげんきの郷

JAあぐりタウンげんきの郷は、「農と食」をテーマとした複合施設。全国最大級の直売所を中心に、グリーンセンター、パン工房、惣菜工房があります。
美味しい、楽しい、あたたかい21世紀の「農」と「食」の理想形がここにあり、健康な心と体に必要なものが「げんきの郷」には揃っています。

②観光農園 花ひろば

 

1年を通じて温暖な南知多ならではの気候を生かした観光農園です。
自慢は何といっても広大な敷地を季節ごとに彩るお花畑。特徴としては、ただただ見ているだけでなく、花摘みができること(一人10本まで。ひまわりは5本まで。但し小学生以下の方は対象外)。
また、完熟メロン狩りは7月下旬頃から。イチゴ狩りは12月上旬~5月上旬まで楽しむことができます。
このほか農家直売の季節野菜、ここでしか手に入らない蜂蜜などを購入することができます。

③有限会社デイリーファーム&ココテラスの丘

獣医師の社長が「よいたまごは良い鶏から」をモットーに、地元農家と契約した飼料米、完全植物飼料、遺伝子組み換えなしで育てた「米たまご」と「白たまご」を販売しています。

養鶏業を営んできた地で、たまごを使ったクッキー、ケーキ、プリンなどを販売しています。隣接する、たまご農家のキッチンレシピヲでは、オムライスなどたまご料理を提供しています。

④知多フルーツビレッジ(株式会社萬秀フルーツ)

ちたフルーツビレッジは愛知県知多半島の先端、美浜町にあります。
海そして里山など豊かな自然に囲まれ、温暖な気候と豊富な日射量の恵まれた環境の中で115a(約3500坪)の温室を利用して国産グレープフルーツ、国産バナナ、新品種ブルーベリーを栽培しており各種オーナー制度、大粒ブルーベリー狩りを楽しむことができます。

【地域のおすすめ】

コンベンション施設 「 愛知県国際展示場 Aichi Sky Expo 」

国際会議や展示会など中部圏のMICE市場を先導する中核施設として期待されており、総展示面積は6万㎡で国内4位の広さ。中部空港に直結する国内初の空港直結型展示場で、国内唯一、常設の「保税展示場」であり、海外から持ち込む展示品には関税や消費税がかからず、通関手続きを簡素化できる特徴があります。

 

知多半島観光圏協議会 おすすめ宿泊施設

宿泊施設一覧 https://tabichita.com/hotel.html

 

知多半島観光圏協議会 おすすめ観光スポット等

 

知多半島の旅 https://tabichita.com/tour.html

 

ツアー詳細はこちら

関連の記事

コンシェルジュからのおすすめ

お客様のご要望に沿ったおすすめの観光情報・宿(ホテル 旅館)・レストラン・居酒屋・カフェ・ショップ等をコンシェルジュスタッフが厳選してご紹介しております。

富士吉田市「ハタオリ産地オープンファクトリー」。毎月第3土曜日は地域の織物工場17社が一斉に見学・訪問を受け入れ
柏市 柏の葉スマートシティツアー